大人の印

実印イメージ

印鑑と言うと、あの円筒型のものを思い浮かべますよね。
あの手のひらに乗ってしまうくらい、小さくて細いもの。
普段は荷物を受け取ったりする時に使ったりするくらいでしょうか。
しかも通称・シャチハタという浸透印で、ぽちっと簡単に押して終わりなことも多いでしょう。
印鑑には結構秘密も多いのですが、その種類から説明しますね。
印鑑に種類なんてあるの?なんて驚くかもしれませんが、実はちゃんと役割別に種類があるのです。

【銀行印の売れ筋ランキング】
売れ筋の銀行印の材質は、薩摩本柘やアグニ、チタン リッチブラックです。

まず一番法的効力が強い印鑑を実印と言います。
この実印は登録が必要です。役所で登録手続きをし、印鑑登録証明書というものを発行してもらいます。
この会社バージョンが代表印というものです。

そして次に銀行印というものがあります。
こちらは銀行で口座を作る時に使用し、登録した印鑑になります。口座からのお金の出し入れには必ず必要になる印鑑です。
この二つはどちらかというと、公的な役割を持つ印鑑になりますね。
あまり公的な効力のない印鑑に、認め印というものがあります。
これがいわゆる日常で使っている印鑑です。
サインでも可能だったりしますので、最近はあまり出番がなくなってきていますよね。

しかし会社の認め印である社印は、意外と働きがあります。
会社内での仕事が主で、領収書や請求書に押されたり、または契約書に使われることもあります。
いくら公的な効力はなくても、なくてはならない印鑑なのです。
印鑑をもっていれば、少し大人の印でしょう?

印鑑・はんこの販売情報は豊富な印鑑サイト.com

日本人の生活のなかで印鑑は必須の道具といえます。
私たちにとって必需品である「はんこ」の選び方はこちらのサイトが参考になります。

ページの先頭へ